避妊について - 避妊薬通販

2007年05月22日

避妊について

あなたは避妊方法についていろいろ知っていると思います。

コンドーム、ピル(経口避妊薬)、基礎体温法、IUD
殺精子剤、不妊手術など

どの避妊法も長所、短所があり、どれが一番いいかは決めることができません。

あなたにあった避妊方法を決めてください。

避妊方法の決め方は
1)避妊の確立が高いこと。
2)からだに害が無いこと
3)性感に影響を与えないこと(男性が嫌がる)
4)万が一妊娠したときに胎児に影響の無いこと
5)避妊をやめたときに妊娠能力に影響の無いこと。
6)費用のかからないこと
はどがあります。

コンドームの使用は大変避妊効果の高い方法ですが、
男性がいやがる場合が多いのが欠点です。

男性が膣外射精をするとか、妊娠させない体質だとか
勝手なことをいうことがあります。
根拠の無いことは信用しないように。

いずれにしろ、避妊は男性に期待せず、女性中心で取り組みましょう。
妊娠して困るのは女性の側ですから。



《避妊方法の例》

1、コンドーム

 長所
  手に入りやすい
  使用方法が簡単
  値段がリーズナブル
  性病の予防もできる

 短所
  使い方を間違えると失敗する。
  男性の協力がないとつかえない。

2、ピル(経口避妊薬)
  エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(質体ホルモン)  の合剤を服用して排卵を抑制
 
 長所
  正しい使い方をすれば、効果は高い。
  男性の協力なしに使用できる。

 短所
  医師の処方が必要
  毎日きちんと服用しないといけない。
  服用できない場合がある。
  性病は防げない。

3、基礎体温法
  基礎体温を毎日記録することで、受胎期を予測して、
  その期間はセックスを控える方法。
  少なくとも半年は体温を記録して受胎期間を算出する必要あり。

 長所
  器具を使わないので安全で、費用がかからない
  排卵の有無が確認できる。

 短所
  毎日、体温を測定ないといけない
  計算間違えをすることがある。
  月経周期が不安定の方はつかえない。
  失敗することがある。
  
4、IUD(子宮内避妊具)
  プラスティック製の機器を医師により子宮内に装着して
  受胎を防ぐ方法
  
 長所
  一度挿入すれば、セックスのつど、避妊する必要がない
  挿入後約2年間使用できる。
  使用感が少ない
  男性の協力がすうくあい。

 短所
  不正出血、月経痛、腹痛などが発生することがある。
  出産経験の無い人は使いにくい
  自然に取れることがある。
  
5、殺精子剤
  精子の運動能力を失わせる物質でできた、フィルムやゼリーを
  セックスの前に膣内に挿入して、精子の子宮への侵入を防ぐ方法。

 長所
  使用方法が比較的簡単
  医師の処方が不良

 短所
  失敗することがおおい
  挿入後、効果が現れるまで時間がかかり
  時間が経ちすぎると、効果がなくなる。

6、不妊手術
  
 長所
  ほとんど永久的に避妊ができる
  効果は確実

 短所
  手術後、子供がほしくなっても、元にもとに戻すことが難しい。



 

  
posted by 避妊薬 at 01:09| 避妊について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 避妊薬通販 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。